こんにちは、サイト管理人のヤツです。2023年から、新カテゴリー「ヤツの見解(opinion)」を新設いたします。

これまで書いてきた「①買い手(消費社会の変容)」と「②売り手(日本の商道徳)」を通して、サイトの主題である、「物を売り買いする」人の営みや文化を考えてみる!という趣旨ですね。

(①②やその他カテゴリーの終了宣言ではありません。今後もコンテンツを追加していきますよ。)

… 今回は「②売り手(日本の商道徳)」を総括した、私の見解をまとめてみます。

「売り手は(買い手に対して)何をしても良いのか?」

 2年前にUPしたエピローグ記事でも、「売り手は(買い手に対して)何をしても良いのか?またその線引きは?」と、投げかけていましたね。

売上や利益のためなら「(買い手に対して)何をしても良いのか?」って、難しい問題です。そんなの人それぞれだ論も一理ありそうですが、「お前の仕事は、汚い悪徳商法だな!」と言われたら、怒り出す人は多いはずです。笑

… だとすると「その線引きって、どこにあるんだろう?」と思って当然ですよね。どこかに、この微妙な線引きがあるはずです。

その線引きについては、日本の文化に影響をおよぼしてきた、何かしらの宗教だろうと見当が付きます。

中でも、私は儒教の根幹である『論語』の影響に注目しました。

孔子の肖像(出典:国立故宮博物院)
孔子の肖像
(出典:国立故宮博物院)

『論語(ろんご)』は現在から約2500年前に中国で活躍した聖人孔子(こうし)の言行録です。※『論語』の詳細はこちらの記事

これまで私はライフワークとして、日本の商道徳の系譜を辿ってきました。その結論として、『論語』はその背骨を形成していると捉えています。

孟子の『王道』と『覇道』で売り方を捉える

 それでは、その線引きについての説明に入りましょう。作図したこちらをご覧ください。

『王道』と『覇道』で売り方を捉える
☆『王道』と『覇道』で売り方を捉える
※クリックで拡大

向かって左側に「王道」と笑顔の商人、右側に「覇道」と悪だくみしてそうな商人を配置してあります。どちらが善か悪かは、一目瞭然ですよね?笑

… この「王道(おうどう)」と「覇道(はどう)」のアイデアは、『孟子(もうし)』の言葉から拝借しました。※『孟子』の詳細はこちらの記事に

孟子の肖像(出典:国立故宮博物院)
孟子の肖像
(出典:国立故宮博物院)

儒教では孔子を「聖人」、孟子を聖人に次ぐ者である「亜聖(あせい)」と位置付けています。当の孟子本人も、孔子の正当な系譜として後継者を自認していました。

そんな孟子は、「王道」「覇道」を下記のような意味合いで使っています。

◆ 孟子の「王道」「覇道」とは

・「表面だけは仁政にかこつけながら、ほんとうは武力で威圧するのが覇者である。」
・「身に着けた徳により仁政を行うのが王者である。」
(公孫丑章句上 / 3-3 より)

出典:『孟子(上) 小林勝人訳注』岩波文庫

孔子も孟子も、仁政(民衆に恵み深い政治)を理想に掲げる政治家志望の人でした。上記をご覧の通りで、「王道」「覇道」は政治の文脈で使用しています。

こちらの文脈を保ちつつ、「王道」「覇道」を現代のビジネスや仕事に流用したという訳ですね。
(日本の商道徳の系譜では、他に三井孝房や倉本長治らも使用している言葉です。)

【大発見】「王道」が先か?「覇道」が先か?

 先ほどの図で「王道」の下に、5つのキーワードをぶら下げてあります。こちらから説明を加えましょう。

【王道】5つのキーワード

  • 徳や仁
  • (を)与える
  • 相手の都合から
  • 三方よし
  • 善悪で判断

作図を進める上で、先ずは「王道」から着手した事を覚えています。

5つのキーワードについては、日本の商道徳関連でそれっぽい言葉を選定してみました。この中でも、シンプルで分かりやすい推しワードは相手の都合からです。


次に、この「王道」と対比させた5つのキーワードを設定すると、「覇道」の完成です。

【覇道】5つのキーワード

  • 悪知恵や強引さ
  • (で)奪う
  • 自分の都合から
  • 自分のみよし
  • 損得で判断

先ほどの相手の都合からに対比させた、自分の都合からも大事なキーワードとなります。


… 実はここで私の脳内で何かがスパークしたんですよね。笑 

よくよく考えてみると、日本の商道徳を代表する各時代のキーマンは、この「覇道」を目の当たりにしてから「王道」を提唱しています。

これは私の中で、大きな発見となりました。

『王道』と『覇道』で売り方を捉える(覇道)のみ
先に現れるのが「覇道」
※クリックで拡大


「王道」と「覇道」は、最初から並び立つ図式ではありません。また、「王道」が先に現れたわけでもありません。

欲望のまま好き放題する「覇道」があり、それを見かねた先人が「王道」を提唱する …という図式なんですよ。

その見かねた先人こそが、日本の商道徳を代表する各時代のキーマンです。次の記事で紹介しますが、ここでは代表的なキーマンとして、石田梅岩, 渋沢栄一, 倉本長治の名前だけを挙げておきましょう。

江戸時代から昭和へと、生きた時代も違うこの3名の共通項は、もちろん『論語』です。

仏教やキリスト教などの影響も多少散見されますが、儒教の根幹である『論語』の影響はかなり強いものがあります。

『王道』と『覇道』で売り方を捉える
☆『王道』と『覇道』で売り方を捉える(再掲)


… 私が選定した「王道」の5つのキーワードに、『論語』のエッセンスが詰まっていたのは自然の成り行きだったようです。

『論語』は、まさに日本の商道徳の背骨そのものでした。

今回の「ヤツの見解」まとめ

 サイト開設から2年経ったので、新コーナー「ヤツの見解」を設けてみました。目安は2000~2500字前後にして、今後は私の見解を書いていこうかなと思っています。


今回は「②売り手(日本の商道徳)」を総括した話なんですけど、私は売り手が何をしても良いって風潮が本当に苦手なんですよ。苦笑

私も以前はSP(セールスプロモーション, 販売促進)に関わっていました。

これらの商道徳の話って、業界の中でもよく「キレイゴト」で済まされがちでしたけど、まぁこれではイカンよなと強く思っていた次第です。

… 誰か暇な人がこの辺りを掘り下げておかないと、次世代のかしこい人たちに後ろ指刺されるでしょうね。間違いなく


というわけで、
私にもちょっとした使命感が芽生えているので、これからも発信を続けていく所存であります。

よろしくお願いします!